LINE
相談・予約
フォーム

TOPへ戻る

オトガイ形成(5件の症例)

今日の手術は中抜き短縮前進移動術(固定工夫しました編)

顎(あご)を削る手術にはいろいろな方法があります。

今日は中抜き短縮前進移動術を行いましたので、ご説明いたします。

中抜き法は顎先の骨を短縮するために使う手術方法です。

だるま落としのように、真ん中の部分が切り取られて(切除)短くなる手術です。

手術できれいになるかどうかの見極めに重要なポイントは、お顔全体のバランスです。

お顔が長いので、顎を短くしたいと言うご希望でご来院をいただく患者さまの中には、元々の顔立ちがスクエアの形の患者様がいらっしゃいます。

この様な患者様の場合、顎先だけが短くなると四角い顔に見えてしまう場合があります。このようなお顔の形の場合は、おとがい形成、中抜き短縮手術ではなく、V-Line形成をお勧めしています。

希望以外の手術を勧められた‼︎と思わないでと願いながら、患者さまにご提案しています。

話を元に戻すと、お料理の時に、お魚を調理するように、骨を三枚に下ろしたら、顔の真ん中に顎先がくるように、ずれないようにマーキングをして、切除する部分の骨を取り除きます。

固定をする前に、横から見た時に前進(出っ張り感)を確認します。

正面から見た時の出っ張り感も大切です。この段差によって、おとがい唇溝が形成できますから、顎の形はほっそりシャープになり、唇の形も綺麗になります。

真ん中のずれがないように注意をして、チタンプレートを使用しないでラグスクリューで固定します。

真ん中にあるネジと右側にあるネジ、2本で留めています。

固定用の専用スクリューです。

チタンプレートを使わない?

一般的には、チタンプレート、ミニプレート、マイクロプレート、マイクロセカンドプレートと、プレートを固定するスクリューを使用しますが、おとがい形成では荷重がかからない部位なので、プレートを使用する欠点があります。

1つは除去手術

→最近のプレートは生体親和性(Biocompatibility)があり、除去をしない場合もあります。

しかし、

2つ目の欠点

どんなに小さなプレートでも、顎先の仕上がりの邪魔をしてしまうことがあります。おとがい形成では、フェイスライン、あごの形を改善しなければいけません。歯列の矯正で見られるように、繊細な仕上がりが重要な部位です。筋肉や脂肪が複雑に絡み合い、支持靭帯も豊富な部分です。

このような部位に骨の固定のためにチタンプレートを使ってしまうと、プレートの形が邪魔をしてしまい、手術の後の顎の形が歪になります。それならば後から取ればいいいじゃないかと思うかもしれませんが、再度、手術を受けなかればいけない負担。痛みや腫れの負担がありますから、それほど簡単なことではありません。

そもそも、

本来の顎骨再建用チタンプレートは、顎関節や下顎の角の骨折などのように、相当な荷重がかかる部位に適応されてきました。あご先に荷重がかかることはありません。

ですので、カンファークリニックでは、おとがい形成の中抜き、前進移動の骨の固定にはチタンプレートは使用しないで、専用のスクリューのみで固定します。

この方法は世界最大で最も歴史のあるスタディーグループ「AO」でも認められている方法です。

矯正歯科治療後にお口元のバランスを整えたい患者さま、噛み合わせが反対咬合の患者様、軽度の受け口や、口ごぼ症状の患者様にも有効な手術です。

矯正歯科 福岡【カンファークリニック】日本初の美容矯正歯科

日付:  Dr.Kinoshita Blog, オトガイ形成, セットバック手術, 受け口の改善, 治療例 and tagged ,

 

横顔が整って、噛み合わせもキレイなら、素敵ですね。

今日の手術は受け口のセットバック手術でした。

顎変形症手術外科矯正手術は「噛み合わせを整えること」が治療の唯一の目的です。でも、患者様は顔が綺麗に治ったらいいなと思っています。

見た目の変化は、噛み合わせを改善する事と同じくらい、とても大切なことです。

横顔の改善をするには、歯列矯正では、改善できません。セットバック手術が体に負担がなく、簡単で、ちゃんと治る方法です。

そこでセットバック手術中に大切なことは、仕上がりを確認することです。カンファークリニックのセットバック手術では、手術中にお顔の状態を確認することをとても大切にしています。

反対咬合のお顔はこのような感じで、下唇の反転、下顎のもっこり感、下唇と顎先のくびれがない、Eラインがないなど、反対咬合の患者様、受け口の患者様、しゃくれ患者様の切実な悩みです。

 

手術はお口の中を3cmほど切開する部分から手術をしますから、顔に傷は一切ありません。ですので、皮膚の状態を手術中に確認することがとても大切です。

手術中は噛み合わせや歯並びを整えてから、皮膚を元の状態に戻して観察し、確認をします。

おとがい唇溝(顎と唇の間にあるくびれ)

唇の上下の位置(上下口唇の閉鎖状態)

鼻と顎の先端の形(Eライン)

を確認します。ずれが確認できた場合は、再度調整をします。

手術を終える前には、もう一度、噛み合わせも確認します。

しっかり噛めて、美しい横顔を実現するために大切なことです。

受け口、反対咬合、シャクレセットバック手術は

手術費用120万円

麻酔代15万円

合計148万5000円(税込)

手術費用には、お薬、診察、手術後用歯ブラシ、うがい薬、レントゲン検査などがすべて含まれています。

手術後に歯列矯正をしたい場合は、77万円(税込)でマウスピース矯正ができます。マウスピース矯正治療には、診察、保定装置、レントゲン検査、シミュレーション検査、セットアップ費用、5年間のやり直し治療が含まれています。

矯正歯科 福岡【カンファークリニック】日本初の美容矯正歯科

日付:  Dr.Kinoshita Blog, オトガイ形成, セットバック手術, 受け口の改善, 治療例, 治療例 and tagged ,

 

今日の手術はおとがい形成の前額断切除です。

顎を削る手術にはいろいろな方法があります。

今回は前額断という切除方法をご説明いたします。

人体の構造には矢状面水平面前額面の基本面があります。

矢状面は人体を前後方向から、左右に分けた面→下顎枝矢状分割骨切り

水平面は人体を輪切りにした状態で上下に分けた面→水平骨切り

前額面は人体を前後に分けた面→おとがい形成前額断骨切り骨切除

E-Lineの形成には、

①顎先が突出している場合

②顎先が後退している場合

があります。

どちらの症状も、歯の歯軸傾斜、歯槽骨の位置、顎骨の位置に加えて、上下の噛み合わせのバランスが原因になています。その点をよく診察した上で手術方法を決定しなければなりません。

前額断骨切切り、骨切除は①顎先がでている場合に行う手術です。

噛み合わせや歯並びに問題がなく、矯正治療後や子どもの頃の転倒や怪我によって、顎先の位置が真ん中でなかったり、顎先の骨がゴツゴツしている場合には、とても綺麗に治る方法です。

デメリットは顔の幅が広い方、四角い顔型の方は、手術によって顔が平面に見えることがあります。

噛み合わせは正常だけど、顎先だけ出ている場合や矯正歯科治療後に、口元が引っ込んで顎先の突出感だけ治したい場合にはとても綺麗になります。

他院で矯正治療をした後の手術だけでも喜んでご対応をしています。まずはご相談ください。

カウンセリングは無料です。一人で考えていても、解決方法には限界があります。手術をするって決めてからでなくても、とりあえず的にご相談だけでもご来院ください。

お話をすることは大好きですから、今までの私の手術経験を元に色々な方法をご紹介しながら、リベラルにお話をいたします。手術を強要したり、手術を誘導するようなカウンセリングはしません。

バイアスが生じないように、患者様のメリットを最優先してアドバイスをさせて頂きます。

 

矯正歯科 福岡【カンファークリニック】日本初の美容矯正歯科

日付:  Dr.Kinoshita Blog, オトガイ形成, セットバック手術, 治療例, 治療例 and tagged ,

 

今日の手術はオトガイ形成

今日の手術はオトガイ形成です。

あご先がごつごつしていると感じている患者様。

思い過ごしではなく、実は多くの患者様から寄せられるご相談です。

実際の手術で、骨を見てみると、結構ごつごつしています。CTなどの検査ではわからない実際の状態です。

このような場合は、スパッと骨を整えてみると、美しいフェイスライン、かわいらしいあごが出来上がります。

画像では、スパッとし過ぎているように見えますが、この骨の上に、筋肉や脂肪、靭帯や結合組織が乗っかり、さらに術後数か月で骨の膜である骨膜吸収が起こりますから、きれいに仕上がるのです。

匠の技

手術時間は30分ほどで終わります。

手術はもちろん意識のないうちに始まって、意識のないうちに終わります。麻酔科ドクターの完璧な全身管理のおかげです。

あごの形や大きさ、長さは患者様のご希望に応じて対応できます。

手術後は腫れますが、一週間ほど。マスクで隠れる範囲です。

矯正歯科 福岡【カンファークリニック】日本初の美容矯正歯科

日付:  Dr.Kinoshita Blog, オトガイ形成, セットバック手術, 治療例 and tagged , ,

 

今日のおとがい形成

本日はオトガイ形成です。

あご形成、下あご形成とも言います。

今回は少し前に出してみました。(前進です)

これくらいの距離で5mmの前進です。

あご先の形は患者様のご希望に応じて、にも後ろにも、にもにも移動させ形成、整形、動かして整容します。もちろん、短縮すること(短くすること)も延長すること(長くすること)も出来ます。

矯正歯科治療治療の後や、顎変形症手術の後は顔全体のバランスを考えて、バランスを整えた方が良い患者様はたくさんいらっしゃいます。

悩んでいる方は決して自己満足の世界ではありません。ぜひご相談にご来院ください。

この写真では、前に出した状態を少し上から見るとわかりやすいかもしれません。

手術時間は、30分程度です。親知らずの抜歯と同じくらいの時間で終わります。

もちろん手術は、意識のないうちに始まって、意識のないうちに終わります。麻酔科ドクターの完璧な全身管理の賜物です。

あごの形の修正はほんの少しだけでも、フェイスラインが整って、女性は美しく。男性は男前になります。

清く正しく美しく

矯正歯科 福岡【カンファークリニック】日本初の美容矯正歯科

日付:  Dr.Kinoshita Blog, オトガイ形成, セットバック手術, 治療例 and tagged ,