オンライン
相談・予約
フォーム

TOPへ戻る

頬タルミ

カンファークリニックのウェルエイジング療法

カンファークリニックでは、頬のたるみの改善をおこなっています。


頬のたるみは見た目はもちろんのこと、噛み合わせや、あごの位置、睡眠時無呼吸症候群、口の中の粘膜の損傷など、
見た目だけでなく、健康にも大きな影響を与えます。

カンファークリニックでは頬のたるみに対して
1. 頬脂肪除去手術
2. 頬脂肪吸引手術
3. 頬脂肪代謝改善注射療法
をご提案しています。

脂肪除去手術は、深い脂肪組織に対しておこないます。口の中からの手術ですから、傷は全く目立ちません。
脂肪吸引手術は、浅い脂肪組織に対しておこないます。
細いカニューレを耳の裏側と口角部分から挿入して脂肪を吸引します。

注射の針ほどの太さなので、傷は目立ちません。
もっとも簡単な治療方法は、頬脂肪代謝改善注射療法です。
頬のたるみの原因となっている脂肪を大きさ、深さ、範囲をマーキングして必要な濃度の代謝改善薬を注射します。

どの治療方法が良いかは、状態を診察させて頂ければ、アドバイスが可能です。
お気軽にご相談ください。

頬のたるみの原因

頬のたるみの原因となるのは、おもに脂肪組織です。
頬部の脂肪は解剖学的に、浅部脂肪と深部脂肪に分けることが出来ます。

浅い部分の脂肪と深い部分の脂肪は、それぞれ筋肉によって隔てられています。
浅い部分の脂肪はマス目のような仕切りによって区切られていますが、噛み合わせ状態や噛み合わせの力の減少によって、
また、加齢現象によって脂肪を仕切っていたマス目が崩れてきます。
嚙み合わせが美容に重要であると言われる所以です。マス目の崩壊によって、他のマス目の脂肪が流れ込んできます。
人間は立っているので、下方向へ流れます。これがタルミの原因です。

また、深い部分の脂肪はある程度の塊となって頬骨の裏側に隠れていますが、
体重の増加や加齢現象による脂肪組織を上へ引っ張るじん帯のゆるみ、最も大きな原因は噛み合わせの力の減少です。
歯がなくなってしまったままの状態を放置しておくと、顔の美容に大きな影響を与えます。

そして深い部分の脂肪が下方へ流れた場合がタルミとして、頬骨の下に塊として現れます。
また、筋肉で隔てられていたはずの脂肪が、筋肉を突き破って表層の浅い部分にも表れます。
脂肪ヘルニアという現象です。脂肪ヘルニアは、目の周囲にも表れます。

 

頬タルミ 治療方法

1.専門医によるカウンセリング

まずはお電話でご予約の上、ご来院ください。
患者様のご希望や、処置内容によって、カウンセリング当日の処置も可能です。

2.審査・診断により施術内容の確認、お見積り

レントゲン検査や視診、触診による診察をおこないます。症状に対する処置について、必要な費用をご提示いたします。

3.ご希望の部位を確認しながらデザイン

処置当日は、患者様と鏡で確認しながら、ご希望の部位を確認し、デザインペンで皮膚に直接マーキングやデッサンします。

4.無痛麻酔

処置に必要な部位に、完全無痛局部麻酔をおこないます。シールタイプの麻酔ですから、痛みは全くありません。

5.処置

腫れや痛みはありませんので、当日から普段通りの生活が可能です。

*過剰な注入は、様々なトラブルの原因となります。

当クリニックでは、適正な量の注入を行い必要な場合は、後日追加注入を行うようにしております。
みなさまの安全と安心を最優先に考えて常に診療しております。

料金(税抜)
頬脂肪除去手術20万円~30万円
頬脂肪吸引手術30万円~45万円
頬脂肪代謝改善注射療法1回65000円

 

しわ・たるみの原因となる歯並び・噛み合わせの問題

顔にできるしわやたるみの多くは、
目元、口元の周囲の表情筋という筋肉と、細かく分かれている顔の脂肪が原因でおこります。
この筋肉も脂肪も、歯並びと噛み合わせの良し悪しで、
たるみの原因やしわの原因になる
ことをご存知の方は少ないと思います。

当院では木下径彦医師を招聘し、長年美容外科で培ってきた技術と経験を矯正歯科治療を通じて、
顔のしわやたるみの原因を除去し、不要な外科処置を減らし
自宅でできる美顔器などの処置を最大限発揮できるようなアドバイスを行っています。

 

カンファークリニックの顔面美容診療