オンライン
相談・予約
フォーム

TOPへ戻る

顎のお悩み改善 - アゴセットバック手術

アゴセットバック手術

顎先がしゃくれていたり、顎が長い、顎が出ている、顎が足りないなどの方に最適な治療です。
お口の中から手術しますので、傷などの心配はありません

アゴを短くした場合、今度はエラの部分が相対的に存在感を強するので、
エラの近傍、若しくはエラそのものをバランスをとるために削ることが必要です。
勿論、側面バランスのみならず三次元的に正面バランスも調整しますので下顎骨の厚みを減じる削りを同時に施術します。

お勧めの方

・ 長い顎(アゴ)を短くしたい方
・ 面長の顔を治したい方(IVROとの比較検討)
・ 顎(アゴ)を引っ込めたい方(下顎分節骨切りとの比較検討)
・ 顎(アゴ)を出したい方
・ 他院手術後の段差を修正したい方

あごの形を整えるには、

・ 短くする:骨の中抜きをする方法とあご先を削る方法があります。

・ ひっこめる:骨削り法と前額断骨切り法があります。

・ 細くする:オトガイ結節斜め骨切り、垂直骨切り

・ 前に出す:水平骨切り、スクエア骨切り、V-Line形成手術

など、たくさんの方法で対応しています。

カンファークリニックのアゴセットバック手術

アゴセットバック手術の方針

顎(アゴ)は、下くちびるの下方で、顔の中心である下顎骨の中央部分を指します。
この部位は医学用語では、オトガイ(頤、おとがい)とよびます。
顔面輪郭手術の代表的な部位がエラ(下顎角)、頬骨、オトガイです。

オトガイは悩みに応じた手術を選択する必要があります。
『顎が長い』『顎がしゃくれている』『顎が出ている』『顎が大きい』『顎の幅が広い』『顎が引っ込みすぎ』
『顎が短すぎ』『顎先に梅干しができて、しまりがない』『顎が曲がっている』等々、
いろいろな悩みがあり、それぞれの悩みに対して対応する手術が異なります。

アゴセットバック手術には
アゴ短縮手術(水平、中抜き)
アゴ延長手術(水平、シリコンインプラント、骨移植)
アゴ形成手術
  A,シリコンインプラント手術
  B,前進手術
  C,後退手術
  D,Vライン形成術
  E,幅寄せ手術(垂直骨切り、BOX骨切り)
  F,斜め骨切り(Multiple curve oseteotomy)
バリエーションが豊富な手術です。

それでは貴方の場合、どの手術方法を選択すればよいのでしょうか?

例えば、横顔をみて顎が引っ込んでいる状態を顎だけを出して手術で改善すると、
術後の正面では顎が長く見えてしまうことがあります。
まず、正面からみたオトガイの長さを計測します。
下口唇下端(赤唇の下縁)~オトガイ先端までの長さの日本人の平均値(女性35mm、男性38mm)以上の長さがある場合
には水平骨切り短縮手術を選択すべきですし平均値以下であればシリコンインプラント法を選択すると良いでしょう。
バランス感覚を大切にして手術方法を選択してください。

 

オトガイの解剖学的評価方法

アゴ(オトガイ)が長いことを気にされ、来院される患者様は非常に多くいらっしゃいます。
はじめにオトガイの長さを専用の定規で測定します。女性では平均が35mmであり、男性では38mm程度です。
それより長い場合には短縮手術の適応があります。ご自身でも調べてみてください。

代表的な手術法として

1) オトガイの長さの基準では、
下口唇下端~オトガイ先端までの長さが女性で35mm、男性で38mmが平均値と考えられています。

2 )オトガイの幅は左右鼻翼間幅から左右の目の光彩内側縁間幅径の間であることが望ましいとされます。
通常は女性35mm程度です。

3) 横顔で、オトガイの突出度合いを評価するにはRickettsのE-ラインが有名です。
この基準は、鼻尖とオトガイ最突出点を結ぶ線、
すなわちE-ラインに対し、 口唇がやや内側かそれに接することが望ましいとされています。

以上の3点はオトガイ手術を行う際には大変重要な指標です。
さらに顔面の評価は、個々のパーツごとに評価するのではなく、顔全体の調和が重要であると考えています。

 

 

アゴ短縮手術(水平骨切り、中抜き法)

代表的な手術法として
多段階水平骨切り術
オトガイ下端削骨術+結節部斜骨切り術
をおこなっています。

短縮と同時に顎を前に出したい場合には、水平骨切り術です。

また短縮と同時に顎幅を細くしたい場合には、
水平+垂直骨切り術
オトガイ下端削骨術+斜骨切り術
のどちらかを適応します。

オトガイ水平骨切り術(中抜き法)のPOINT

オトガイの骨を切除予定幅で上下2本、水平方向に骨切りし、中間骨を切除して(中抜き)、
小骨片を上方に移動し、固定します。
つまり、骨を3枚におろすということです。骨片移動は舌側の筋肉の障害を避けながら、短縮と同時に自由に前進、
後退を行うことができます。この時に垂直骨切りを加えれば、オトガイ幅を狭くすることも可能です。

短縮量の目安は、下口唇下端~オトガイ先端の距離を計測して、女性では平均値の35mmに近づけるようにしています。
オトガイ神経の走行位置に配慮して、最大で10mm~20mmの短縮が可能です。手術は全身麻酔下におこないます。
手術時間は約1時間ほどです。

水平骨切り術 治療の流れ

1. 切開

切開は下くちびるの裏側で、両側第一小臼歯部(4番)を結ぶ口腔前庭唇側粘膜におこないます。

2. 剥離

粘膜剥離は、左右のオトガイ神経に注意して進めます。白い神経束が確認できるので、これを目安に剥離を進めます。
粘膜がキレイに剥離をしたら、骨膜を露出させ、骨膜をメスにて切離し、骨膜剥離を行ない、
粘膜骨膜弁として形成したのち、オトガイ部全体を露出させます。

3. 骨切り線の設定

骨切り線の上方限界線は、左右のオトガイ孔から6mm下方に設定しています。
この位置にすれば、オトガイ神経を傷つける心配がありません。移動する小骨片の厚さは最低5mmとしています。
この厚みがあれば、血流が確保され、骨の壊死がありません。
中抜き切除骨片はこの骨切り線の上下限の間で切除することになります。
通常最大で10~20mmの中抜きが可能です。 実際の手術では、術前予測と実際の下顎骨、オトガイの骨形態、
下顎下縁、オトガイ孔間の距離などは左右で異なるので、骨切り線は術中に最終決定しています。

4. 水平骨切り

骨切りは、サジタルソー(骨鋸)を用いて行なっています。

5. 骨片の位置決定

切離骨片は、骨把持鉗子を用いて把持し、術前にシミュレーション設定した位置へ移動させ、
下顎体との適合性を確認し決定しています。
骨片の位置を決定したら、軟部組織を元に戻して、皮膚の状態からオトガイの形態と顔面との調和を確認します。

6. 骨片の固定

切離移動した骨片は、下顎体部に固定します。 骨片固定は切離した小骨片の骨癒合に重要です。
固定力は、骨片が周囲軟組織の術後変化に抵抗し、新たな位置に安定するために十分な力が必要です。
とくに、オトガイの前方移動は、固定に一層の配慮をしています。
筋肉やじん帯によって元の状態に戻ろうとする力が働くためです。
固定には、ラグスクリュー、ミニプレート、ワイヤーなどを使用していますが、
ラグスクリューが固定としても術後の異物感の点でも優れています。

7. 断端の処理

骨片の固定後、下顎体と骨片の移行部は、剥離した軟部組織を元に戻して皮膚の上から触れ、
骨の段差が無いようにトリミングをしています。ナチュラルカーブメソッドが重要です。

8. 閉創

術野を十分に洗浄後、手術創は骨膜縫合と筋層縫合、粘膜縫合などの各層縫合を行ない完全閉鎖します。

治療写真

オトガイ水平骨切りのPOINT

水平骨切り術は、顎(アゴ)の長さを短くするだけではなく、顎(アゴ)を前後に移動させることもできる施術です。
個人差はありますが、顎(アゴ)を最大10~12ミリ短く、最大8~10ミリ後退させることができる施術です。
口の中からの施術ですので、外に傷が一切つきません。
水平骨切り術が、難易度の高い施術とされているのは、骨切り後の段差の修正にあります。
当院では、段差をならしていくために独自に開発した骨削りノミで、エラ(下顎角)の方向に向かって段差をなだらかにします。
顎(アゴ)だけを見るのではなく、エラなど輪郭全体のバランスをみてトータルデザインを心掛けています。

セカンドオピニオン

数多くある美容整形外科で、様々な不安を感じていらっしゃる方も多いことでしょう。
当院ではセカンドオピニオンサービスを実施しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

短縮(水平骨切りなど)の特徴

施術時間 約60分
治療期間 1日の手術で、日帰りでお帰りいただけます。
麻酔 全身麻酔
腫れ具合 ★★★☆☆
ダウンタイム 1~2週間
口腔内抜糸 14日目
抜糸 10~14日目。
吸収糸を使用しておりますが、基本的に抜糸をおこなっております。

料金(税抜)
水平骨切り術  800,000円~1,200,000円

アゴ延長手術(シリコンインプラント、水平骨切り、骨移植)

オトガイが短い方は通常後退していることも多いため、通常はシリコン・インプラント、水平骨切り術で改善します。
しかし、オトガイを前には一切出さずに、下方向に長くする、またはとがらせる(三角アゴ)場合には、
オトガイ部のスクエア骨切りをおこないます。

お勧めの方

・顎(アゴ)を出したい方
・顎(アゴ)を長くしたい方横顔のバランスを整えたい方
・皮膚に傷がつかない方法で顎(アゴ)を出したい方

インプラントでシャープな顎(アゴ)を演出

骨格に沿ったカーブを描くように独自に設計していますので、自然なフェイスラインになります。

インプラントは、最も安定する骨膜下に挿入するので、安定して動きません。

他院でインプラントを挿入して、“こぶ”のようになった方は、骨格に沿っていないインプラントを挿入したからです。
このような場合は、当院のインプラントを入れ替えれば自然な輪郭になります。
状態とご希望によっては、骨を移動させる手術と併用することも可能です。
顎(アゴ)は、腫れが目立ちにくい部位です。口の中からの施術ですので、外に傷は一切つきません。

アゴ延長シリコンインプラント法のポイント

顎が短い 引っこんでいる状態を、インプラントでバランスの良い輪郭に整えます。インプラントの形は、骨格や希望の大きさや形を考慮してデザインします。顎の骨格に沿っていないインプラントを使用すると、不自然で顎のラインがまるでコブのようになることがあります。そこで当院では、顎の骨格に沿ってカーブを描き出すように設計したオリジナルのインプラントを使用します。挿入後は非常に自然で違和感のない顎のラインになります。

カンファークリニックのシリコンインプラント法のこだわり

カンファークリニックのアゴシリコンインプラント挿入術は、事前にレントゲン検査を行って、
フェイスライン、アゴ、くちもとを3次元レベルで審査診断し、一人一人の顔立ちのバランスを考えた、
アゴシリコンインプラント手術を行っています。

アゴ先は解剖学用語では「おとがい」と命名されています。
おとがいは、下アゴの中でもっとも前方にある突出した部分です。
このオトガイ部分にはオトガイ棘と命名されている、突起が存在しています。

また、下アゴの形は直線ではないので、複雑にねじれています。
ここに既製品のシリコンインプラントを挿入しても、すぐにずれてしまいます

カンファークリニックでは、シリコンインプラントの大きさの決定と挿入する位置にこだわった治療を行っています。
挿入するシリコンインプラントの大きさの決定には、3次元的な顔のバランスを徹底的に診断精査しています。
デザインに関しては、おでこ、鼻の根元、鼻先、頬の張り出し、くちもと、アゴ先のバランスを考えたデザインを重視
しています。また、挿入する位置はオトガイの骨の直上(骨膜下)もしくは骨の骨膜上に挿入しています。

下アゴの骨には「骨膜」と命名された厚さ0.5ミリほどの膜が存在します。
この膜を境にして挿入部分を決定する位置決めを行っています。
骨膜下に挿入すると、シリコンインプラントはしっかりと維持され、動くことはありません。しかし、
おとがいの骨が何十年も経つと溶けてくる場合があります。

骨膜上に挿入すると、骨が溶けることは防ぐことができますが、
骨膜下に挿入した時のように安定するまでには数か月かかることがあり、それまでの間に動いてしまう可能性があります。

どちらの方法が良いかはレントゲン検査を行ったうえで、オトガイの骨の状態やくちびるの裏の粘膜の厚み、
皮膚の厚みやオトガイ部分の筋肉の太さや厚さを総合的に診察して最も自然で、
もっとも無理のない方法をご提案しています。

手術は局所麻酔で行え、15分ほどですべての手術が終了します。

アゴ延長シリコンインプラント法の特徴

施術時間 約15分
治療期間 1日の手術で、日帰りでお帰りいただけます。
麻酔 局部麻酔
腫れ具合 ★★★☆☆
ダウンタイム 1~2週間
口腔内抜糸 14日目
抜糸 10~14日目。
吸収糸を使用しておりますが、基本的に抜糸をおこなっております。

料金(税抜)
顎 延長 骨切り:945,000円~  
顎 延長 シリコン:367,500円~

よくある質問と答え

顎が足りないせいか、横顔のバランスが悪いです。顎を出す手術方法は?

A. アゴの長さによって、シリコンインプラント法、水平骨切り前進法をおこないます。

顎にインプラントを入れると骨に吸収されると聞きました。本当ですか?

当院のシリコンインプラントは、患者様の顎の骨の状態に合わせた、オーダーメイドインプラントですから、吸収の心配はありません。既成のシリコンインプラントの場合は、アゴの骨と合っていないために骨膜吸収を起こすことが報告されています。

他院で顎にインプラントを入れたらこぶのような不自然な形になりました。修正できますか?

当院のシリコンインプラントは、患者様の顎の骨の状態に合わせた完全なオーダーメードシリコンインプラントですから、自然な形に修正することが可能です。

インプラントはどこから入れるのですか?顔に傷はつきませんか?

シリコンインプラントは下唇の裏側を2㎝程切開して挿入します。顔に傷は残りません。

インプラントは身体に安全ですか?

当院で採用しているシリコンインプラントは医療用インプラントです。身体に害を及ぼすことはありません。

腫れについて教えてください。

手術当日は圧迫用のテーピングをおこないますので、腫れは気にならないと思います。手術による腫れの影響は1週間ほどで治まります。出来るだけ腫れないような手術操作と、手術後の専用飲み薬を使うことで、最小限の腫れで治まります。

痛みについて教えてください。

シリコンインプラントの手術では痛みはそれほど強くありません。専用の飲み薬の服用で、術後の痛みを感じることはありません。

 

アゴ前進手術(シリコンインプラント)

引っ込んでいる顎の骨格を前に出し、バランスの良い顎に

顎が短く 引っこんでいる状態を、インプラントでバランスの良い輪郭に整えます。
延長手術と同様に骨格に沿っていないインプラントを使用すると、
不自然で顎のラインがまるでコブのようになることがあります。
そこで当院では、骨格に沿ってカーブを描き出すように設計したオリジナルのインプラントを使用します。
挿入後は非常に自然で違和感のない顎のラインになります。

お勧めの方

・顎(アゴ)を出したい方
・顎(アゴ)を長くしたい方
・横顔のバランスを整えたい方
・皮膚に傷がつかない方法で顎(アゴ)を出したい方

シリコンインプラント挿入術の実際

手術は局部麻酔あるいは静脈麻酔でおこないます。手術時間は40分程度です。
下くちびるの裏側(口腔前庭)を1.5cmほど切開します。
ここから骨膜下に、オトガイ先端まで粘膜を剥離して、インプラントの挿入スペース(ポケット)を作ります。
剥離操作が難しく、POINTです。適正な位置に均一に剥離しないと、手術後に左右に曲がって見える(偏位)、
上方にずれる(転移)などさまざまな形態的合併症が起こります。
その意味では、良い結果を出すにはさまざまなコツがあります。

オリジナル・シリコンインプラント

既成のシリコン・インプラントは、大きく作ってあるので、
そのまま入れてしまうと“こぶ”のように出っ張って見えることがあります。
その原因は周囲の骨との滑らかなグラデーションがついていないからです。

当院では、完全オーダーメイドのシリコン・インプラントを使用しています。
患者様の状態に合わせたオリジナル・インプラントは精密な設計で、下顎骨のカーブに沿った形態ですから、
周囲の骨や筋肉と滑らかにマッチングし、シリコンインプラントは自然なカーブを描き、
術後のオトガイはシャープな印象となります。

当院のオリジナル・インプラントは、通常使用されている直線的なインプラントとは異なり、
骨格に沿ったカーブを描くように独自に設計していますので、自然なフェイスラインとなります。
インプラントは、最も安定する骨膜下に挿入しますので、安定して動きません。

他院でインプラントを挿入して、“こぶ”のようになった方は、骨格に沿っていないインプラントを挿入したからです。
このような場合は、当院のインプラントを入れ替えれば自然な輪郭になります。
状態とご希望によっては、骨を移動させる手術と併用することも可能です。

アゴ前進術(水平骨切り術)のPOINT

皆様が思われている顎(アゴ)は、口元の下方で顔の中心である下顎骨の中央部分を指しています。
その部位は医学用語では、オトガイ(頤、おとがい)とよばれます。
オトガイが後退している方は、口元のしまりがなく、口を閉じにくく、
閉じようとするとアゴ先の筋肉に力が入って、梅干様のしわが出来ることがあります。

適度な長さ、突出が美しいアゴを形成する上では重要です。オトガイの横顔における突出度合いを評価する際には、
RickettsのE-ラインが有名です。この基準は、鼻尖とオトガイ最突出点を結ぶ線、
すなわちE-ラインに対し、口唇がやや内側かそれに接することが望ましいとされています。

アゴ前進水平骨切り術(sliding osteotomy)の実際

手術は全身麻酔で行います。
オトガイが長くて、後退している場合には、水平骨切りが適応です。
インプラントを挿入するだけでは、ますます顎先が長く見えてしまうからです。
手術法は別項(オトガイ短縮術・水平骨切り術)を参照してください。
中抜きで下顎を短縮した後、先端の骨片を前進させてチタンプレートで固定します。
最大で10mmほど前進させることが可能です。手術後はしまった口元になるのは当然ですが、
骨片を前に移動することで、くびに付着する筋肉(広頚筋)もリフトされる効果が出るため、二重顎も改善できます。
本手術は腫れが非常に少ないのが特徴です。
また固定に使用するチタンプレートは希望に応じて、6ヶ月以降に局部麻酔で簡単に抜くことが出来ます。

アゴ前進水平骨切り手術の特徴

施術時間 約60分
治療期間 1日の手術で、日帰りでお帰りいただけます。
麻酔 全身麻酔
腫れ具合 ★★★☆☆
ダウンタイム 1~2週間
口腔内抜糸 14日目
抜糸 10~14日目。
吸収糸を使用しておりますが、基本的に抜糸をおこなっております。

 

 

アゴ後退(骨切り)手術

突出している顎を8ミリ~10ミリ後退させ、バランスの良い顎に

突出している顎(アゴ)、しゃくれている顎は、当院オリジナルのアゴセットバック手術で、確実な効果を出すことが可能です。
他院手術の結果、変化がなかったという患者様の多くは、オトガイ部分の筋肉群が発達しているため、
単に骨を削っても効果が得られないからです。

当院では、横顔の輪郭美の基準線であるRickettsのE-ラインなどをもとに骨切りラインをデザインをし、
オリジナル骨切術で自然な変化をもたらす事を心掛けています。

お勧めの方

・突出しているオトガイ(顎・アゴ)を後退させたい方
・しゃくれているオトガイ(顎・アゴ)の形を整えたい方
・他院でオトガイ(顎・アゴ)の骨を削っても変化がなかった方

美しいオトガイは、適度な長さ、突出が重要です。

オトガイの横顔における突出度合いを評価するには、RickettsのE-ラインが有名です。
この基準は、鼻尖とオトガイ最突出点を結ぶ線E-ラインに対し、
口唇がやや内側かそれに接することが望ましいという基準線です。
突出している顎(オトガイ)、しゃくれている顎は、オトガイの骨切り、骨削りで改善します。
オトガイが突出している方は、同時に歯の噛み合わせも反対咬合の方もいらっしゃいます。
その場合にはオトガイのみではなく、分節骨切りで下顎の歯も含めて全体に下げる場合。
IVROなどで全体を後方移動させる場合などがあります。

オトガイ部・前額断骨切り術の実際

当院では突出部を削るだけの手術ではなく、骨切りを行って改善します。
後退させる量が大きく、移動量、削除量が自由です。
切除される骨片の形態は、シリコン・インプラントのようにブーメランを描く自然なナチュラルカーブの再現が可能です。 
この骨切り改善法は、カンファークリニックオリジナル方法です。

手術は全身麻酔あるいは静脈麻酔でおこないます。
手術時間は1時間です。
切開、剥離は他のアゴセットバック手術と同じです。
前額断(frontal section)という言葉は聴きなれないかもしれませんが、いわゆる輪切りです。
アゴの突出部を輪切り状態にして後退させるような平面で骨を切りとります。
手術前にマーキングした骨突出部の範囲で、ボーンソーを用いて骨切りをおこないます。
その後表面を滑らかに慣らして終了します。通常骨の厚みとしては4mm~10mm程度まで、骨切りが可能です。
摘出された骨片は、まさしくオトガイ・インプラントの様な形態です。
顎の突出が8~15mm後退することが可能です。

後退(骨切り)のPOINT

個人差はありますが、顎(アゴ)を最大10~12ミリ短く、最大8~10ミリ後退させることができる施術です。
口の中からの施術ですので、外に傷が一切つきません。
顎(アゴ)だけを見るのではなくエラなど輪郭全体のバランスをみてトータルデザインをするように心掛けております。

後退(骨切り)の特徴

施術時間 約60分
治療期間 1日の手術で、日帰りでお帰りいただけます。
麻酔 全身麻酔
腫れ具合 ★★★☆☆
ダウンタイム 1~2週間
口腔内抜糸 14日目
抜糸 10~14日目。
吸収糸を使用しておりますが、基本的に抜糸をおこなっております。

V-line形成(垂直骨切り)

幅を8ミリ~15ミリ細く、シャープな顎(アゴ)に

顎(アゴ)の骨を垂直骨切りし、その骨片切除により下顎全体が細くなり、小顔効果がはっきりと現れる手術です。
単独あるいは水平骨切り術と同時に行ない、骨切除による顎幅の減少・左右非対称、長さの短縮を行います。
顎のラインをV字型に形成する手術として希望される方が多く、
韓国においては輪郭形成術の中でもVライン形成術として人気です。

お勧めの方

・ 顎(アゴ)のラインをV字型にしたい方
・ 顎(アゴ)の幅を細くしたい方
・ 顎(アゴ)が左右非対称の方
・ 下顎全体を細くして小顔にしたい方
・ 顎(アゴ)の骨切り後の丸みをシャープにしたい方

オトガイ(顎)V-line形成術の考え方

顎(アゴ)は上顎、下顎というように、口元を中心に上下左右に広い範囲を指します。
顎(アゴ)は、口元の下方で顔の中心である下顎骨の中央部分を指すのだと思いますが、
その部位は医学用語では、オトガイ(頤、おとがい)とよばれます。
オトガイの横幅(下端の平坦な部分)は、左右鼻翼間幅径から左右光彩内側縁間幅径の間であることが望ましいとされます。
女性では平均35mm程度で、それ以上では顎としてはやや太く、大きく感じられます。
オトガイに関しては長い、短い、突出、後退などはよく論議されるのですが、横幅(広い、狭い=太い、細い)に関しては、
論じられることは多くありません。
しかし、顔面輪郭手術を専門とする木下顎顔面院長は長さ、突出度と同様に顎の横幅を大切な要素と考え、
手術術式を検討すべきと考えています。女性らしいほっそりとした顎、
ときに逆三角形の顎は魅力的な輪郭になるために重要なポイントとなるからです。

オトガイの横幅を細くするには2つの方法が考えられます。
1) オトガイ垂直骨切り術
2) オトガイ下端(結節部)斜骨切り術

術式の適応は、顎の長さ、顎の突出度、オトガイ神経の位置を総合的に判断して決定します。
顎がかなり長い場合には垂直骨切り術、顎が突出している場合には斜骨切り術、
オトガイ神経が下方に位置している場合には斜骨切り術、など相対的な評価で術式を決定しています。

オトガイ垂直骨切り術のPOINT

これは2009年に韓国のドクターから発表された方法です。
水平骨切りの中抜き法を、縦方向、垂直方向にしたもので、オトガイの横幅を少なくする方法です。
韓国ではアゴのVライン形成と呼ばれています。8~12mm程度の幅寄せをおこないます。

また骨切り後に両端の骨片を中央に寄せる際に、アゴ下の筋肉群を上手に処理しないとたわんで突出したり、
タルミの原因となるため、注意が必要です。
手術は口の中からおこないます。粘膜を剥離して下顎骨オトガイ部を露出して、
予定骨切り幅を骨上にデザインします。サジタルソーを用いて、垂直方向に2本、水平方向に1本、骨切りを行います。
中抜き骨片を摘出後に左右の骨片を中央に寄せて、チタンプレートで固定します。
さらに下顎骨と同様にプレート固定を行った後、両端の段差をノミで削ってトリミングします。

オトガイを短く、細く希望される場合は、水平・垂直骨切りを同時に施行しています。
2個の中抜き骨片を摘出すると、短く、細くなりますが、両端の段差が出来るため、
トリミングは欠かせない術中の処理です。

オトガイ垂直骨切り術の手術の治療の流れ

手術は全身麻酔で、約1時間で終了します。

① 切開剥離は他のアゴセットバック手術と同じです。垂直方向の骨切りをおこないます。
  オトガイ幅の減少は、8~16mm程度です。サジタルソーを用いて全層に縦方向に2本骨切りをおこないます。

② 央骨片を切除するために、水平方向の骨切りをおこないます。骨切り線の上限はオトガイ神経孔の6mm下方としています。

③ 平骨切り後、中央の骨片を切除します。

④ 右の骨片をチタンプレートまたはラグスクリューで固定します。

⑤ 端の段差は、オステオトームを用いて丁寧になめらかにナチュラルカーブメソッドでならします。

⑥最後に上下の骨片を2ヶ所プレートで固定します。

オトガイ・スクエア骨切り術のPOINT

手術は他のアゴセットバック手術同様、全身麻酔でおこないます。
手術時間は約1時間です。
手技は他のオトガイ骨切り手術に準じます。口の中を切開し骨膜下剥離を行います。
最大に違いは骨切りラインです。
オトガイ先端部でスクエア(四角)に骨切りをおこない、骨片を下にスライドさせて、チタンプレートで固定します。
この骨片の大きさは患者様の希望される顎の長さ、細さによって決定します。
その後、先端に固定した骨をテーパリングトリミング(下にとがらせる)して、形態を整えます。
オトガイが突出している場合には、前面を削骨して後退させることも可能です。

垂直骨切り術は、顎(アゴ)を細くするだけではなく、顎(アゴ)の幅の減少・左右非対称、長さの短縮もできる施術です。
顎(アゴ)の骨を垂直骨切りし、その骨片切除により顎(アゴ)の形態を整える施術です。
単独あるいは水平骨切り術と同時におこないます。
顎(アゴ)の幅を8ミリ~15ミリ細くすることが可能です。
輪郭形成術の中でもVライン形成術として希望をする方が増えている施術です。
下顎全体が細くなり、小顔効果がはっきりと現れる施術です。
顎先を細くするには非常に難しく高度な技術を要しますので、行なっているクリニックがほとんど無いのが現状です。

V-line形成(垂直骨切りなど)の特徴

施術時間 約120分
治療期間 1日の手術で、日帰りでお帰りいただけます。
麻酔 全身麻酔
腫れ具合 ★★★☆☆
ダウンタイム 1~2週間
口腔内抜糸 14日目
抜糸 10~14日目。
吸収糸を使用しておりますが、基本的に抜糸をおこなっております。

V-line形成(結節部)斜骨切り

オトガイ下端削骨術+結節部斜骨切り術の実際

オトガイの短縮量が5mm以下であれば、はじめにこの術式を選択します。
オトガイの骨の裏側には首につながる筋肉(顎二腹筋、顎舌骨筋)が多数くっついているため、
先端で骨を切除する際にこれらの筋肉の付着に注意します。
これら筋肉を切離してしまうと、手術後に顎のたるみ、二重顎が気になる可能性があります。

本術式の利点は、手技が簡単で、手術侵襲が小さく、早期に回復することです。
但しオトガイ神経の外側まで範囲を広げて削骨を行わないと、
オトガイ横幅が大きくなり、大きい顎が形成されてしまいます。手術範囲は水平骨切りと同様です。
本術式では固定が必要ありませんので、チタンなどの金属にアレルギーなどがある患者様にとっては好都合です。

斜骨切り術手術手技のPOINT

切開、剥離は水平骨切りと同じです。
下顎骨下端で最小限に筋肉を剥離し、先端切除後にも筋肉は離断されないよう注意します。
顎の骨削りは、水平方向ではなく、両端は下顎骨のラインに自然に移行するようにデザインします。
水平方向の骨切りだけでは横幅の広い大きなオトガイとなるため絶対に避けなければなりません。
骨削りは、オトガイ神経を超えてエラ方向に向かうナチュラルカーブメソッドをおこないます。

本術式は水平骨切りに比べて、
オトガイ神経に負担が少なく、術直後より患者様の違和感(知覚)が小さいのが特徴です。

オトガイ部の下端で、オトガイ結節を斜めに骨切りをすることによって、オトガイ横幅を減少させ、
細い顎を形成します。下顎骨の形態によって骨切りラインが下顎角(エラ)付近まで延びることもあります。

手術の実際

オトガイの中心線をマーキングします。中央から左右に7mmほど外側の点が、骨切りの内側のスタート点です。
ここから外側に向かって斜め上方に骨切りをおこないますが、オトガイ神経孔、
下歯槽神経の走行によって骨切りラインは異なります。オトガイ孔下方では孔から8mmは離すように心がけています。
術前の光学模型やセファログラム分析、オルソパントモグラフィーを参考にします。
下顎角付近まで骨切りが必要になることもあります。
同時に短縮手術を行う場合には、5mmほどの短縮を目安にしています。5mm以上の短縮希望の場合には、
水平骨切りを同時におこなっています。
本術式は、手術後の腫れは少なく、手術後の口唇周囲の麻痺感も少なく侵襲の少ない手術といえます。

 

オトガイ結節部 斜骨切り術の特徴

施術時間 約60分
治療期間 1日の手術で、日帰りでお帰りいただけます。
麻酔 全身麻酔
腫れ具合 ★★★☆☆
ダウンタイム 1~2週間
口腔内抜糸 14日目
抜糸 10~14日目。
吸収糸を使用しておりますが、基本的に抜糸をおこなっております。

カンファークリニックのアゴセットバック手術

その他フレームデザイン手術メニュー