LINE
相談・予約
フォーム

TOPへ戻る

横顔が整って、噛み合わせもキレイなら、素敵ですね。

今日の手術は受け口のセットバック手術でした。

顎変形症手術外科矯正手術は「噛み合わせを整えること」が治療の唯一の目的です。でも、患者様は顔が綺麗に治ったらいいなと思っています。

見た目の変化は、噛み合わせを改善する事と同じくらい、とても大切なことです。

横顔の改善をするには、歯列矯正では、改善できません。セットバック手術が体に負担がなく、簡単で、ちゃんと治る方法です。

そこでセットバック手術中に大切なことは、仕上がりを確認することです。カンファークリニックのセットバック手術では、手術中にお顔の状態を確認することをとても大切にしています。

反対咬合のお顔はこのような感じで、下唇の反転、下顎のもっこり感、下唇と顎先のくびれがない、Eラインがないなど、反対咬合の患者様、受け口の患者様、しゃくれ患者様の切実な悩みです。

 

手術はお口の中を3cmほど切開する部分から手術をしますから、顔に傷は一切ありません。ですので、皮膚の状態を手術中に確認することがとても大切です。

手術中は噛み合わせや歯並びを整えてから、皮膚を元の状態に戻して観察し、確認をします。

おとがい唇溝(顎と唇の間にあるくびれ)

唇の上下の位置(上下口唇の閉鎖状態)

鼻と顎の先端の形(Eライン)

を確認します。ずれが確認できた場合は、再度調整をします。

手術を終える前には、もう一度、噛み合わせも確認します。

しっかり噛めて、美しい横顔を実現するために大切なことです。

受け口、反対咬合、シャクレセットバック手術は

手術費用120万円

麻酔代15万円

合計148万5000円(税込)

手術費用には、お薬、診察、手術後用歯ブラシ、うがい薬、レントゲン検査などがすべて含まれています。

手術後に歯列矯正をしたい場合は、77万円(税込)でマウスピース矯正ができます。マウスピース矯正治療には、診察、保定装置、レントゲン検査、シミュレーション検査、セットアップ費用、5年間のやり直し治療が含まれています。

矯正歯科 福岡【カンファークリニック】日本初の美容矯正歯科

日付:   Dr.Kinoshita Blog, オトガイ形成, セットバック手術, 受け口の改善, 治療例, 治療例 and tagged ,