TOPへ戻る

インビザライン

インビザライン マウスピース矯正 とは?

見えない、負担の少ない最先端の矯正

インビザラインシステムを開発したアライン社は、取扱いに関しての認定条件を定めています。当院の担当医はインビザライン「認定医」を取得しております。

薄くて透明なマウスピースを使用した治療方法です。マウスピースによって動く歯に合わせて新しいマウスピースを作成し、交換して歯を動かす画期的な治療方法です。

目立たない矯正と比べても治療期間が快適な上に取り外し可能であることが、多くの方に選ばれている理由です。
インビザライン以外にも、マウスピース型の矯正装置はいくつか存在します。
どれもほぼ同じシステムなのですが、1点、他の装置と大きく違うことがあります。
それは、「患者様の通院時の型取りの手間負担度合い」です。
 インビザライン以外のシステムの場合、約2~3週間のペースで来院し、その都度、歯型を採り、新しいマウスピースを作製する必要があります。この通院と歯型の採取が患者様には負担です。
インビザラインの場合、治療開始時にマウスピースを作成する歯型を採るだけです。その歯型をもとに3次元画像化技術とCAD/CAM技術により歯の動きをシミュレートしコンピューター画像診断によりマウスピースをまとめて作製します。そのため来院回数(68週間に1回のペース)を減らすことができます。

メリット

・虫歯や歯周炎になりにくい。 ・通院回数が少ない。
・装置をつけないので、装置がとれたりはずれることがないため、遠方の方でも安心。