TOPへ戻る

乳歯矯正

健康と発育を促す乳歯からの矯正

カンファークリニックでは乳歯の段階から矯正治療を行っています。ちょっと早いとお思いの方もいらっしゃるでしょう。乳歯の段階でのすきっぱや前歯のガチャガチャ歯並び、受け口や出っ歯、顎がゆがんでいるなど、お子様の成長にとって不安な事ばかりです。
また乳歯の時期は、お子様の状態がお母様が正常なのか異常なのか判断が出来ない時期です。乳歯の虫歯は黒くならないで、進行してしまう事もあります。つまり、乳歯の異常は発見しにくいと言えます。
そこでカンファークリニックではお子様の健康と発育を促すためのアドバイスを行っています。
これが私たちが考える乳歯矯正です。

まずは、現状の把握から

カンファークリニックの乳歯矯正は特別な治療を行ないません。まずは今の状態が正常なのか異常なのかをお母様とともに考え、治療が必要なのか、不要なのか、このままで健康なかみ合わせや歯並びを育むことが出来るのか、一緒に考えています。
もし、すでに永久歯が生えてきてしまっているお子様でも遅くありません。
乳歯と永久歯の混合様態での診察や治療は小児矯正を参考にして下さい。

乳歯の段階の大きなメリットは歯を支える骨が柔らかいという事です。多くのクリニックでは上下の顎のバランスを改善する装置(ムーシールド、バイオネーター、フェイスマスクなど)を使用し、上下の顎のバランスを正しい状態にしますが、お子様が嫌がってしまい治療を続けられないという事が現状です。
そこで、カンファークリニックでは乳歯の段階での治療の必要性があっても、治療を行なうだけでなく、適切な時期まで経過観察しながら、治療の開始時期もお母様と一緒に考えてまいります。

通院の負担をできるだけ少なくするように、2か月から3ヵ月に一度受診をしていただきますつまり、一年間に3回から4回の通院で治療を行なう事が出来ます。カンファークリニックでは永久歯がきれいに並ぶスペースを確保しながら、 顎の健やかな健康を目指します。

低年齢の反対咬合

治療前 治療中 治療後

乳歯からの矯正

これまで私のもとでは、歯並びを整えるため、子供から大人、さらには年配の方まで幅広い世代で矯正治療を受けて頂いています。 矯正治療を受ける事に年齢制限はありません。部分入れ歯をした方、親子3代で矯正に通院される方もいらっしゃいます。

矯正治療は、子供の頃から成長発育を見守ることが大切です。
これは、私の経験と大学院の研究から最も思っていることです。

あごの成長、発育中の乳歯段階から矯正を始めると、あごの成長をうまくコントロールすることが可能です。キレイに仕上がります。抜歯する必要がありません。

乳歯期にみられる悪い歯並びや癖には必ず医学的な兆候があります。この兆候を早期に見つけ出すことが大切です。そのまま放っておくと、あごの発育が正常に行われず、顔の形が変形します。姿勢が悪くなります。食事の仕方が汚くなります。発音が悪くなります。出っ歯特有の顔になります。受け口特有の顔になります。口元がだらしなくなります。

私は的確にアドバイスをします。ですから、3歳や5歳頃に市町村が実施する歯科検診で「不正咬合」と指摘され、どうすればいいかわからない方や不安な方、永久歯に生えかわっている途中でお子さんの歯並びが気になりはじめた方など、まずはお気軽にご相談ください。

例えば、受け口で舌の位置が低いお子さんの場合、お口の筋力がアンバランスになって下顎が上顎よりも成長しやすくなる場合があります。こういった癖を3歳~6歳の早期に取り除くことで、矯正装置やヘッドギアなどの固定装置を使用せずに、自然な発育とともに受け口を改善することが可能です。

何気ないクセが原因になるときもあります。かみ合わせの悪さ、特に前歯と下の歯が正常にかぶさっていないといった症状の場合、原因は遺伝から来るものと、環境から来るものに大きく分けられます。環境が原因となるもの例としては、咬み応えの少ないものばかりの食事を取ることによる顎骨の成長不足、指しゃぶりや爪をかむ癖、いつも口をあけて息をする口呼吸、ものを飲み込むときに上下の歯の間に舌を突き出す舌の癖、などです。

口呼吸になる原因として、鼻がつまっているため鼻呼吸ができない場合と、歯が前突しているため口唇が閉じ辛くなり口呼吸になってしまう場合があります。口呼吸では舌の位置が低くなり下顎が後退してきます。すると気道が狭くなり、いびきをかく様になりますが、いびきは睡眠時無呼吸症候群の前駆症状といわれ、睡眠の質を落とす危険な兆候です。

睡眠が特に重要な子供の場合、その影響をダイレクトに受ける事になります。いびきをかく子供には、キレる子、落ち着きのない子、行動障害のある子、成績の低下、成長の遅れ等があるといわれ、いびきをかかない子供とでは、はっきりとその差がデータとして報告されています。

矯正治療を受ける事で口呼吸が改善され、質の良い睡眠がとれる様になる事は、睡眠時無呼吸症候群の予防につながるのです。

乳歯矯正〜4つのポイント〜

乳歯矯正に関する詳しいお話は、4つのポイントに分けて説明しています。

ご覧になりたい内容をクリックしてください。

乳歯列期と矯正治療

お子様の癖の改善

治療法(治療器具)

子供の歯並び

治療費

施術 料金(税抜)
相談料
5,000円
乳歯矯正 (上下のあごの骨の誘導と永久歯の誘導、鼻呼吸や嚥下訓練、 指しゃぶりの改善などの矯正治療) 200,000円
調整料 2万円
小児矯正(上下のあごの骨の誘導、乳歯、永久歯のかみ合わせ誘導 鼻呼吸、嚥下訓練、永久歯の土台作り) 630,000円
調整料 3万円

相談料は、無料とされている歯科医院が多いですが、チェアタイムを有効に活用するため5,000円頂いています。
また同時にパントモ撮影をし、大まかな治療方針、使用できる装置や治療方法まで提案・説明しています。