TOPへ戻る

永久歯矯正

カンファークリニックの永久歯矯正

カンファークリニックでは成人の矯正とは別に永久歯矯正外来を行なっています。永久歯の矯正と聞くと二十歳を過ぎてからの治療のように感じるかもしれません。永久歯矯正は12歳臼歯の生えた頃が治療の対象です。目安としては小学校高学年くらいから中学生です。

カンファークリニックの永久歯矯正治療は、生えそろったばかりの永久歯を、お子様がぐんぐん成長する力を利用してスピーディな矯正治療を行っています。とくに成長中のあごの骨や筋肉を、歯並びとあごの骨の両面から発育を促し、矯正治療を行うことがカンファークリニックの永久歯治療の最大の特徴です。

多感な時期に入る前に

永久歯治療で気を付けなければならないことは治療であるお子様が思春期であるという点です。
他人からの見た目を気にするお子様も数多くいらっしゃいます。歯並びや噛み合わせの悪さが気になり、口元を手で覆う子やあまり笑わなくなる子が出てくるのです。特におしゃれに敏感な女の子はその傾向が強くなってきます。矯正治療器具自体に抵抗をする場合さえあります。早い段階から矯正治療を受けて見た目をきれいにしておけば、心身共に明るく健康的な生活を送ることができます。

矯正治療は、単に歯並び・噛み合わせを正して健康改善を図るだけの治療ではありません。思春期であっても見た目が美しくなり、自然と笑顔に自信を持てるようになるのです。一種のしつけのような治療とお考えください。

思春期で矯正装置に抵抗があっても、カンファークリニックなら大丈夫です。
カンファークリニックでは10代の矯正歯科治療もマウスピース矯正を可能にしました。永久歯矯正専用のマウスピース治療は成人矯正用のマウスピース矯正とは大きく違い、自然な顎の成長発育を促し、歯並びも美しく整えることが出来ます。

  1. 永久歯の生えたての頃は、歯の根の部分が未完成です。この未完成な根の部分の成長を促し、しっかりとした永久歯を作ります。生えてくる歯の大きさや長さを考慮した、マルチプルアライアンス機能を持った特殊なマウスピースを作成しています。
  2. 装着感も違和感が無く、お子様の顎の成長を適切に促すことが出来ます。

生活習慣が与える歯並びへの影響

姿勢と咬みあわせは密接に関係しています。 ご自身でも実感して頂けます。
頭を右に傾けてください。右の歯の方が強くかみませんか??
頭を左に傾けてください左の歯の方が強く噛みませんか??
では、今度は前かがみに猫背の姿勢をとると・・前歯が強く当たりますね。
頭を少し後ろに反ると・・奥歯が強く当たります。
つまり、姿勢によってかみあわせが変わるということなのです。
歯並びの良い子に育てるには…
よいかみ合わせを育てるには・・・
カンファークリニックでは次のことを目標にしています。

鼻呼吸の確立
左右差のない姿勢
悪い生活習慣の改善

がとっても重要なポイントと考えています。
小児矯正のメリットは、こういった歯並びに悪影響を及ぼす生活習慣や癖に早くから気づいてあげられて、その子自身のもっている成長能力を理想的な方向にもっていってあげられることです。
健やかな成長を育み、健康な体を育てるためには、治療期間中にご家庭で気を付けて頂くこともあります。治療はご家族全員の協力も必要なのです。