TOPへ戻る

小児矯正

子供の頃から矯正治療を受ける事に大きな意味があります。

不正咬合の原因は、

極度の上アゴの出っ歯やうけ口などによる「骨格性」
歯のガタガタ、八重歯、出っ歯、隙っ歯などによる「歯性」
指しゃぶり、頬杖などの癖によるものなどによる「機能性」

の3つに分けられます。 しかし、原因は一つではなく、それらが複合していることがほとんどです。

それぞれ原因を分析し治療していくことが大切です。

例えば、両親がうけ口の場合は、お子様もうけ口になる、つまり遺伝する可能性が非常に強いです。 積極的に矯正治療が関わることで、受け口の手術が必要な方も、仕上がりに大きな違いが出ます。 つまり、子供の頃から矯正治療を受けることで未来は大きく変えられるのです。

〜永久歯が正しく生えるように〜

担当するのは田島昴子(たかこ)医師です。

矯正治療を始める時期に関して、 「永久歯が生え揃ってから一気に治療を受ける方が治療期間も短くて費用も安く済むんじゃないの?」と考えられているようですが、永久歯が正しく生えるようにあらかじめ土台を整える早期治療が、実はとても大切なのです。

顎の成長異常(受け口、下顎が小さい、顎のズレなど)や、顎の骨の中の永久歯の問題などを、子供の頃に見つけることができれば、早期発見・早期治療ができるのです。

なにか異常が見つかったとき、例えば、舌を出す癖を正す装置や顎を広げる装置などを使って、あらかじめ顎の成長環境を整えておくのです。治療目標が達成できたら一度治療を完了し、永久歯が自然に生えそろうまで定期的な経過観察を行います。

ちなみに、永久歯が生える時期には歯と歯の間に隙間ができます。あれ?と思われるかもしれませんが、実はこれは顎がきちんと大人に向かって成長している証拠なのです。逆にぴったりと乳歯が隙間なくきれいに並んでいるようでは乳歯が抜けて大きな永久歯が生えてくるときに問題が出てくるかもしれません。

乳歯矯正(3歳〜)

カンファークリニックでは乳歯の段階から矯正治療を行っています。
ちょっと早いとお思いの方もいらっしゃるでしょう。乳歯の段階でのすきっぱや前歯のガチャガチャ歯並び、受け口や出っ歯、顎がゆがんでいるなど、お子様の成長にとって不安な事ばかりです。
また乳歯の時期は、お子様の状態をお母様が正常なのか異常なのか判断が出来ない時期です。
乳歯の虫歯は黒くならないで、進行してしまう事もあります。つまり、乳歯の異常は発見しにくいと言えます。

そこでカンファークリニックではお子様の健康と発育を促すためのアドバイスを行っています。
⇒ 乳歯矯正について詳しく読む

小児矯正(6歳〜)

カンファークリニックでは、乳歯が生えそろい、永久歯が生え始めた頃のお子様の矯正歯科治療を積極的に行っています。
当院にご相談される患者様の最も多い時期です。小学生になったころに6歳臼歯が生えてきます。
永久歯が生えてきたころはやっと大人の仲間入りをした頃です。一生使う永久歯が、虫歯にならないように保護者の方が注意します。その頃に咬みあわせの異常や歯並びの異常にも気が付くという事は少なくないのです。

カンファークリニックでは独自の健康的な咬み合せが出来るような成長発育を促す治療方法を行っています。
⇒ 小児矯正について詳しく読む

永久歯矯正(12歳〜)

カンファークリニックでは成人の矯正とは別に永久歯矯正外来を行っています。
永久歯の矯正と聞くと二十歳を過ぎてからの治療のように感じるかもしれません。永久歯矯正は12歳臼歯の生えた頃が治療の対象です。目安としては小学校高学年くらいから中学生です。
カンファークリニックの永久歯矯正治療は、生えそろったばかりの永久歯に対して、お子様がぐんぐん成長する力を利用してスピーディな矯正治療を行っています。特に成長中のあごの骨や筋肉を、歯並びとあごの骨の両面から発育を促し、矯正治療を行うことがカンファークリニックの永久歯治療の最大の特徴です。
⇒ 永久歯矯正について詳しく読む

治療費の目安

子どもの矯正治療は、乳歯の時期「乳歯矯正」、乳歯と永久歯が混ざっている時に治療をする「小児矯正」と、全ての歯が永久歯に生えそろったあとに治療する「永久歯矯正」に分かれています。
お子様の歯並びや顎の成長具合によって、「乳歯矯正」「小児矯正」だけで治療が終わるケースと、「永久歯矯正」が必要なケースがあるため、トータルの治療費には個人差があります。
子どもの矯正治療は、出来れば乳歯の頃(初期)から、または小児矯正にあたる早期(10歳くらいまで)からはじめた方が、たくさんのメリットがあります
また、大人になってから矯正をはじめる「成人矯正」よりも、治療後の後戻りを抑えることができます。
下記に、それぞれの料金の目安をご紹介します。

小児矯正治療の料金 (6歳~)

トータル30万円~60万円くらいが目安

乳歯や永久歯が生えてくる時期に行う矯正治療を「小児矯正」といいます。おもに永久歯がきれいに生えるように、顎の成長やバランスをコントロールする治療を行います。

小児矯正のトータル治療費の目安は30万円~60万円程度ですが、症状の程度や難易度・年齢によって、矯正装置や治療開始時期は異なります。

例えば、反対咬合(受け口)は3歳~6歳くらいからの乳歯矯正からの治療が有効ですが、出っ歯や叢生・八重歯は、あごの骨の発達を促したうえで、あごの筋肉のバランスを整え、永久歯が生えたあとに調整的な矯正治療を行ないます。
小児矯正終了後も、歯並びによって、引き続き永久歯矯正を行う場合があります。

永久歯矯正の料金 (12歳~)

小児矯正が終わったあとにさらに続けて治療を行なった方が良い場合は、治療が軽度になり安くなります。
永久歯の歯並び・かみ合わせを整える治療を、「永久歯矯正」といいます。
永久歯が生えそろい、顎の骨の成長が止まった後に行う、ブラケットとワイヤー、マウスピースによる歯列矯正などが対象です。

矯正治療の流れ

1.相談・初診(30分〜1時間)

生まれて初めての体験となる矯正治療。お子様はもちろんですが、保護者の方もたくさんの不安を抱えていらっしゃることと思います。そこで、まずは保護者の方の不安や希望お子様の希望、疑問をお伺いすることから始めます。
お子様の不安を取り除き、ドクターと気持ちが繋がったところで、口の中や顔の骨格を簡単に診察します。
そして、次に矯正治療の概要や流れをご説明します。

2.詳細な診察(1時間)

ベストな治療計画を立てるために、お子様の口の中を詳しく診察します。レントゲン撮影・歯咬合模型・口の中と顔の写真撮影などを行い、現在の歯と骨格の状態を確認します。

3.治療計画の立案・ご説明(30分〜1時間)

検査結果をもとに適正な治療プランを立案します。カンファークリニックの治療プランは1つではありません。矯正治療は長い時間をかけて歯並び・噛み合わせを正していく治療です。お子様はもちろんですが、保護者の方が、満足できる結果を目指しています。もっともお勧めのプラン、次におすすめのプラン、費用が抑えられるプラン、治療の負担が無いプラン、通院の回数が少なくて済むプランなど、多彩な治療方法や期間、そして費用や支払い方法などをご説明します。

4.クリーニング+歯磨きのレッスン(TBI)(1時間〜)

矯正治療の天敵はなんといっても虫歯です。虫歯が見つかれば矯正治療を中断して一度矯正装置を外し、先に虫歯を治療しなければいけません。その分治療期間が延びてしまうのです。口の中をきれいにクリーニングした後は、治療中に虫歯にならないようにお子様に適した歯磨き指導(TBI)を行います。正しい歯磨きをマスターすることは、矯正治療に入る前の一番大切なステップであるとカンファークリニックは考えています。

5.矯正治療スタート

いよいよ矯正治療のスタートです。もしも矯正装置をつける治療プランの場合は、矯正装置(ブラケット)をつけるだけで、1~2時間かかります。装置をつけた直後は締めつけられるような感じや痛みを感じることがあるかもしれませんが、数日~1週間後にはおさまります。ご安心ください。
装置をつけた後は、定期的に3~8週間おき(症状による)にご来院いただき、歯や咬みあわせ、あごの骨の発育状態あごの筋肉の発育状態チェックを行ない、必要に応じた装置の調整を行い、成長発育を促します(1回の治療時間は15分~1時間)。治療期間の目安は2年~ですが、症状や装置の種類、治療の難易度によって変わります。

6.治療終了〜アフターケア

歯並び・噛み合わせがきれいに整い、よく噛めるようになり、あごの骨も筋肉もきれいに整ったら矯正装置を取り外します。しかし装置を外したままにするとせっかくきれいに並んだ歯や咬みあわせは元に戻ろうとしてしまうため、歯の位置が落ち着くまで1~2年の保定期間に入ります。
歯を支えている骨が新しい歯並びに合わせてしっかりと落ち着くまで、取り外し可能な「リテーナー」という固定用装置を使います。ここからは3ヶ月~1年に一度、メンテナンスにご来院いただきます。