TOPへ戻る

ガミースマイルの治療

歯並びやかみ合わせが密接に関係しています。

笑った時に歯茎が見えすぎる状態が「ガミースマイル」と言われています。
上唇からおよそ4mm以上が露出された状態です。

このガミースマイルという状態も歯並びやかみ合わせが密接に関係していますが、歯並びやかみ合わせだけで治せる場合と治せない場合があります。

また、美容外科的に見た目だけを治すための手術も、かみ合わせが関係している場合は、その手術自体の効果は半減してしまいます。

カンファークリニックでは矯正歯科治療とともにガミースマイルを改善することができます。

また、歯並びやかみ合わせの治療を行う前に注射や手術を行ってガミースマイルの症状を先に改善することも可能です。

担当するのは長年、美容外科歯科での経験のある木下径彦医師です。

ガミースマイル上唇挙筋短縮治療

カンファークリニックの上唇挙筋切離短縮術の特徴

基本的な治療方法は上の唇の裏側の粘膜を一部切開して、上の唇を持ち上げる筋肉を糸を使って短縮する方法です。
局所麻酔でできる比較的簡単な治療方法です。

・くちびるの裏側には口腔前庭と命名されている解剖学的な空間があります。
・また、唇の粘膜と歯ぐきを結ぶ上唇小帯と命名されているひだが存在しています。
・さらに唇の周囲には、表情筋の中でも上唇挙筋群である上唇鼻翼挙筋、小頬骨筋、大頬骨筋、口角挙上筋と命名されている筋肉が存在し、これらの解剖学的な作用によって上の唇が上がったり、下がったり、時にはつぼめたりしています。

上唇挙筋切離短縮術のポイント

・15分ですべての手術が終わります。
・日帰りで手術ができます。
・上唇挙筋群の繊細な処置が可能です。

カンファークリニックの上唇挙筋切離短縮術は上唇挙筋を「切除」しないで「切離」し、埋没式で短縮を行うことに力を入れています。

身体に無理がなく、歯や歯ぐきに負担がかからず、歯ぐきを不自然に見せることなく、自然な笑顔を作ることができる方法です。

筋肉は動く部分です。いかにして動きを制限することなく、動かしにくい解剖学的な構造に変化させることができるかがポイントです。 カンファークリニック独自の上唇挙筋切離短縮術をご検討ください。

注意: 粘膜の切除だけを行うのか、筋肉の短縮を行った方がよいのかは診察をしながら、決定します。

方法

STEP1

スリーステップ方法で上の唇の裏側の粘膜に無痛麻酔を行います。

STEP2

粘膜の状態や、筋肉の状態、骨の状態、歯の生え方の状態を緻密に検査して、粘膜の切開、筋肉の切離、短縮位置を決定します。 上の唇を上方向に引っ張る筋肉(頬骨筋)の一部を糸で留めます。

STEP3

一週間後に抜糸したら終了です。

腫れや痛みはほとんどありません。
食事がとりにくくなったり、不自然な笑顔になることはありません。

料金(税抜) 350,000円

ガミースマイル 症例

症例 1
治療前 治療後

歯ぐきが見えてしまう、ガミースマイルの治療です。
処置の方法には注射療法、粘膜切除療法、挙筋短縮療法、輪郭形成療法があります。
どの方法が良いかは、診察をさせて頂き、レントゲン検査による分析や、かみ合わせ模型検査、
歯ぐきの長さ、歯の長さ検査を行なって治療プランを作成しています。

症例 2
治療前 治療後

歯ぐきが見えてしまうガミースマイルは、患者さんが希望する改善の程度も様々です。
ちょっとだけ気になるだけで、大きな処置をしたくない場合でも、簡単な注射だけで治す方法にも対応しています。
注射だけで治した患者様です。

 

ガミースマイル改善のための美容矯正歯科治療

ニューヨークスタイルマウスピース矯正歯科治療やハリウッドスマイルセラミック矯正歯科治療はガミースマイルを骨格から改善するカンファークリニック独自の方法です。

単純な歯並び治療や歯列矯正治療ではガミースマイルは改善しません。

歯並びやかみ合わせが悪くない場合や美容矯正歯科治療だけではご希望の改善が見込めない場合は、カンファークリニックが提供する追加オプション手術で改善することができます。これらのオプション手術だけをご希望の場合も対応しております。ぜひご相談ください。

 ⇒ ニューヨークスタイル マウスピース矯正
 ⇒ ハリウッドスマイル セラミック矯正

 

ガミースマイルボツリヌス治療

ボツリヌス薬には、筋肉の動きを弱める作用があり、徐々に筋肉を萎縮させる効果があります。この働きを利用してガミースマイルを治療するのがボツリヌストキシン治療法です。 ガミースマイルの原因となっている「過剰な上唇の挙上(上唇が上がりすぎる状態)」を抑制するため、上唇の上げ下げをコントロールしている上唇挙筋郡にボツリヌストキシン薬を注入して治療します。

歯並びやかみ合わせを改善しても、上唇を上に引っ張る筋肉が強いと、どうしても歯ぐきの露出が大きくなります。また当院独自のニューヨークスタイルマウスピース矯正歯科治療やハリウッドスマイルセラミック矯正歯科治療はガミースマイルの同時改善を目指していますが、筋肉が強い、厚い場合はこの筋肉自体のゆるみが必要になります。
カンファークリニックでは一般的なボツリヌス治療ではなく、ガミースマイル改善のための特別なボツリヌス注射治療を行っています。
ガミースマイルを改善するもっとも簡単な方法です。

カンファークリニックのガミースマイルボツリヌス治療の特徴

基本的な治療は、唇を持ち上げる筋肉の部分にボツリヌス毒素を注射する方法です。表情筋の中でも特に上唇挙筋群である、上唇鼻翼挙筋、小頬骨筋、大頬骨筋、口角挙上筋に薬を作用させてガミースマイルを改善します。ガミースマイルボツリヌス治療の難しい点は表情筋の筋肉の厚みや筋肉の太さ、長さは目に見えないことです。

そこでカンファークリニックでは表情筋に対してガミースマイル改善専用の注射器を使用し、治療に必要な表情筋に適切な濃度と適切な量を注入する方法を行っています。

ボツリヌス治療は濃度によって効果の出方が変わりますから、緻密な治療計画を立てて適切な濃度を適切な部分に注射することが大切と考えています。

メスを一切使用せず、薬剤を注入するだけの治療ですので、ダウンタイム(日常生活の制限)もなく、手軽に治療できることが特長です。

ボツリヌストキシン薬注入の特長

ボツリヌストキシンによる治療は、もともと眼科や神経内科で行われており、その効果や安全性はアメリカの国立衛生研究所で実証され、世界中で広く使用されています。

効果は1回の注入で約4~6ヶ月続き、再度注入をすれば、効果が延長します。また、再度の注入を中止すれば自然に元に戻ります。 注入後の痛みや腫れはほとんどなく、周囲の人に気づかれない治療方法です。

料金(税抜) 80,000円

 

ガミースマイル歯冠長延長治療

出っ歯の方や歯並びが不ぞろいな方、歯の生え際が不ぞろいな方にもお勧めできる治療方法です。

カンファークリニックのガミースマイル歯冠長延長術の特徴

基本的な治療方法は歯の生え際の歯ぐきを整える治療方法です。
歯ぐきを整えるだけの治療であれば、10分程度の処置で終了します。

・歯と歯茎の間には歯周ポケットと命名されている解剖学的な空間が存在します。
・また、歯ぐきの直下には歯槽骨と命名されている歯を支えるためには非常に重要な骨があります。

カンファークリニックのガミースマイル歯冠長延長術は、この2つのポイントである、歯周ポケットと歯槽骨の位置を診断して歯や歯ぐきに負担のない完璧な治療を目指しています。

この2つのポイントである、歯周ポケットと歯槽骨を正しく処置しなければ後戻りの原因になります。

適切なガミースマイル歯冠長延長術を行い、調整した歯ぐきに合わせたセラミッククラウンを作成すれば、後戻りもなく、美しい口元をいつまでも維持することが可能となります。
カンファークリニックのガミースマイル歯冠長延長術をご検討ください。

治療前治療後

 

方法

STEP1

スリーステップ方法で無痛麻酔を行います。
歯ぐきの長さや歯の大きさ、歯ぐきの程度を診察し「過剰な上唇の挙上(上唇が上がりすぎる状態)」を抑制するため、歯の生え際の歯ぐきを緻密にデザインし、歯ぐきの切除量や切開方法を決定し、処置を行います。

手術は10分程度の簡単な手術です。

STEP2

セラミックの歯をかぶせる準備をします。セラミックの歯をかぶせることで、美しく整えた適切な歯ぐきを維持することが出来ます。 歯の色や形の調整がオーダーメイドで出来るので、天然の歯と同じ色や形を再現できます。

STEP3

セラミックの歯をかぶせて終了です。

通院回数は3回です。
腫れや痛みはほとんどありません

料金(税抜) 100,000円

 

ガミースマイル粘膜切除治療

カンファークリニックのガミースマイル粘膜切除法の特徴

基本的な治療方法は、上のくちびるの裏側の粘膜の一部分を切除してくちびるの上がり方(可動域)を調整する方法です。局所麻酔で出来る簡単な処置の1つです。

・くちびるの裏側には口腔前庭と命名されている解剖学的な空間があります。
・また、唇の粘膜と歯ぐきを結ぶ上唇小帯と命名されているひだが存在しています。

カンファークリニックではこの2つのポイントである、口腔前庭と上唇小帯を適切に処置しています。そしてこの2つのポイントと歯ぐきの位置関係を綿密に診断しています。

この診断から得られた結果をもとに、ただ粘膜を縫い付けるのではなく、「上の唇の動きを少なくするための縫合」に力を入れた処置を行っています。

この「上の唇の動きを少なくするための縫合」を行わなければ後戻りの原因になります。
正しく縫合された粘膜ならいつまでも美しい口元を維持することができます。

カンファークリニックのガミースマイル粘膜切除修正術はガミースマイルの患者様の適切な助けとなる治療方法であると考えています。

方法

STEP1

スリーステップ方法で上の唇の裏側の粘膜に無痛麻酔を行います。

STEP2

粘膜の状態や、口腔前庭の深さや長さ、、上唇小帯の位置や長さ、歯ぐきの厚みや距離、表情筋筋肉の状態、歯槽骨の状態、歯の生え方の状態を緻密に検査して、粘膜の切除位置を決定します。

術後に適正な位置に粘膜を縫い合わせます。
これが「上の唇の動きを少なくするための縫合」です。 粘膜切除術

STEP3

一週間後に抜糸したら終了です。

腫れや痛みはほとんどありません。
食事がとりにくくなったり、不自然な笑顔になることはありません。

料金(税抜) 250,000円

 

ガミースマイル上下顎骨形成手術治療

カンファークリニックの上顎歯槽骨形成術の特徴

基本的な治療方法は上の顎を削って骨ごと上に持ち上げたり、傾けたりすることでガミースマイルを改善する方法です。
ガミースマイルはくちびる、歯ぐき、くちびるの裏側の粘膜、口周りの筋肉、歯を支える骨のどこかに問題点がある場合に「歯ぐきが見えすぎる」という症状となって現れます。

歯槽骨と命名されている歯を支える骨と、上顎骨と命名されている上の顎の骨が原因のガミースマイルの改善に有効な治療方法です。

カンファークリニックの上顎骨形成手術はこの歯槽骨と上顎骨を大きなポイントにして、診断し歯ぐきが自然に見えなくなるような解剖形態に整える手術を行っています。

カンファークリニックのガミースマイル上顎歯槽骨形成術は、骨を削って後ろに下げる手術ではなく、いかにして歯茎が見えないような状態にするかを多角的に診断し、シングルスプリント法やダブルスプリント法を併用して「顔の骨の中でのあごの位置」をバランスよく整えることで、自然なシルエットを実現しています。

上の歯、上の顎の骨、横顔のシルエットを整える場合には最適な治療方法です。

方法

STEP1 カウンセリング

コンピューターのシミュレーションとレントゲン、CT検査で術後のイメージを相談します。

STEP2 手術

手術は全身麻酔下での手術ですから、まったくわからないうちに終わります。1時間程度の手術時間です。日帰りの手術です。口の中からの切開で行える手術ですから、傷痕は全くわかりません

顔のバランス、かみ合わせ、完璧なフェイスラインを目指すことが出来ます。

STEP3 抜糸
1~2週間後に抜糸をしたら、終了です。

 

料金(税抜) 1,500,000円

 ⇒ 上顎骨形成術について詳しく見る