TOPへ戻る

見えない矯正

矯正装置を歯の裏側につけるので、見た目が全く気にならない治療方法

人に知られないように歯並び治療をしたい方、見た目が気になる方にピッタリの治療方法です。

歯の裏側に装置をつける目立たない矯正

装置を歯の裏側につけて治療する目立たない矯正治療です。

メリット

装置が目立ちにくい。
複雑な歯の形状にもフィットさせることができる。

デメリット

口の中の違和感がある
発音がしにくい

治療期間の長さについて表側矯正と裏側(舌側)矯正の治療期間は変わりません
当院では平均1で治療をおおまかな治療を終了させています。
 私たちはこれまで多くの患者様に裏側(舌側)矯正、表側矯正を治療させていただきました。従来の治療方法を日々改善したことで、治療期間に大きな差が出なくなりました。

治療中の違和感について

口の中の感覚は繊細です。髪の毛が1本入っているだけでとても大きな違和感があります。どんなに小さな矯正装置を使用しても表側・裏側に関わらず、慣れるまでは違和感があります。カンファークリニックで採用している超小型装置は違和感を感じない装置とされいる世界基準の装置を採用していますが、それでも慣れるまでに1週間程度とお考えください。 

虫歯や歯周病になる確率について

裏側矯正の方が虫歯になりにくい

歯の裏側は、表側よりエナメル質が厚いため、虫歯菌の出す酸に強く、また、歯の裏側には常に唾液が循環しているため、唾液の静菌作用や殺菌作用によって虫歯や歯周病菌が増殖しにくいとされています。しかし、表側・裏側に関わらず、装置を付けた状態は装置を付けていない状態に比べると虫歯になりやすいことも事実です。矯正中、矯正治療後も歯磨きを徹底的にすることが一生健康できれいな歯並びを維持するためには大切です。

上の歯を見えない矯正、下の歯を目立たない矯正にすると、発音や食事の障害になりにくいのでお勧めしています。